騎手を目指すための条件や騎手学校の入学試験について知りたい

中央競馬の基礎知識
スポンサーリンク

騎手を目指すためには乗馬の経験がなければダメ?

騎手を目指して騎手学校に入学するには、必ずしも乗馬の経験がなければ許可してもらえないというわけではなく、これまでに乗馬の試合に出場した経験などが求められるわけではありません。

しかし、実際の入学試験では馬に乗る審査が実施されるため、その時点で適性がないと判断される場合は、試験の結果にも反映される可能性もあります。

騎手学校に入学するのに慎重や体重の制限や基準はあるの?

騎手学校に入学するのに、とくに身長の高さについて問われることはまずありません。
ただし、騎手が馬に乗った時の体重が重いと、走るスピードにも影響するため、体重制限はあります。

体重制限に関する基準をクリアして入学しても、入学後には早朝から体重を測定するのが日課となりますから、ウエイトコントロールを行うことは重要です。

競馬学校に入学したい! いつ頃応募すれば良いの?

競馬学校の新入生の募集時期は毎年決まっているわけではなく、時期がずれることもあります。
4月~7月まで募集する年もあれば5月から7月下旬にかけて募集する場合もあります。
競馬学校への入学を希望する人、検討している人はJRA(日本中央競馬会)のウエブサイトをこまめにチェックしておくと良いでしょう。

ズバリ! 競馬学校の合格率は何%? 難易度が気になる

競馬学校は狭き門と言われており、1次試験と2次試験が実施されますが、1次試験をクリアした人だけが2次試験に臨みます。
2次試験の合格率は5~10%と言われており、100人の受験者がいるとしたら、入学できるのは5人から10人に絞られるというわけですね。
この合格率から見ると、難易度はかなり高いと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました