騎手を目指す競馬学校の生活ってどんな感じ?

中央競馬の基礎知識
スポンサーリンク

騎手を養成するスクールってどんなところ?

競馬場で生のレースを見て感動して、いつか自分もあの舞台に立ちたい!と憧れる人も多いようですね。でも、実際に騎手になるには、どのような手順を踏んでいけば良いのでしょうか。

騎手を目指すには、競馬について基礎から専門的な技術まで学べる競馬学校に入学することです。競馬を目指す養成スクールは、日本中央競馬会(JRA)の競馬学校があります。

競馬学校で目指せるものは何?

競馬学校では騎手を目指すこと、そして調教師を目指して学ぶことができます。

競馬学校はどのように位置づけられているの?

競馬学校という言葉を耳にすると専修学校や専門学校といったイメージがあるかもしれませんが、厳密には職能訓練校のような養成スクールとして位置づけられています。

競馬学校で騎手を目指す人はどんな生活?

競馬学校は高校や大学、専門学校とは違い、いつも机に向かって先生の授業を聞いて黒板を眺めて勉強をしているわけではありません。
学生たちは宿舎に入り、朝から夜までスケジュールが決められています。
早朝に起床した後は体重測定をして厩舎の清掃作業や馬の健康状態のチェック、えさを食べさせるなどの作業をします。

朝食の後は実技が行われ、昼食の後に学科の授業があり、ここで通常の学校の授業のような感じになります。夏は朝4時に起床、夜10時就寝、夏以外の季節は朝5時頃の起床となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました