乗馬と競馬、どこがどう違うの?

中央競馬の基礎知識
スポンサーリンク

乗馬と競馬の共通点は?

競馬とよく比較されるのが乗馬ですが、それぞれどのような違いがあるのか考える前に、まずは共通点を探し出してみました。
競馬と乗馬、どちらも馬がいて馬に乗る人がいるということでは、共通しています。
しかし、乗馬と競馬の共通点は、極端に言えばただそれだけです。

競馬と乗馬、それぞれの馬の種類の違いは?

見た目には競馬も乗馬も、馬の種類の違いなどは素人が見てもわかりにくいですが、競馬と乗馬ではそれぞれ馬の種類がまったく違うことをご存知でしょうか。
サラブレッドという馬の種類について、とくに乗馬や競馬に知識を持たない人でも、名前だけは知っていると思います。

現在、日本国内の競馬場に登場するのはサラブレッドがほとんどです。
しかし、乗馬で使われる馬の種類は実に多く、サラブレッド以外にも数多くの種類の馬が登場します。
トラネーケン、ハンター、セルフランセ、アラブといった種類の馬が乗馬の世界では活躍しているようです。

乗馬と競馬、調教師の役割の違いは?

乗馬と競馬では、調教師の役割にも違いが出ているようです。
本来、乗馬は競馬のように公営競技として使われるものではなく、ギャンブル、賭け事といったジャンルとはまったく異なるものです。

乗馬の競技会などが催されることはあっても、あくまでも勝敗を競い合うだけのものであり、馬に投票することはまずありません。
乗馬では、調教師や騎手などの合図によって、歩いたり走ったりするスピードを調節することもありますが、競馬の世界ではその名の通り他の馬との厳しい競争の世界ですから、ゆっくり歩いてなどいられません。
乗馬の調教師や騎手は馬に親しむといった認識ですが、競馬ではよりスピード感を出すにはどうすれば良いか、勝負に強い馬を育てるのが競馬の調教師の使命なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました