地方競馬の馬主を目指す条件と審査って?

地方競馬の基礎知識
スポンサーリンク

地方競馬と比較すると地方競馬の方が条件は緩やか

地方競馬の馬主になるための条件について、中央競馬と比較すると、個人・法人・組合のいずれも条件が緩やかになっているのが特徴です。
地方競馬のほうが条件が緩やかだといっても、あくまでも条件であり、審査が実施されるわけですから、誰でも馬主になれるというわけではありません。

個人が地方競馬の馬主になるための条件とは?

個人が地方競馬の馬主になるための条件として、年間所得が500万円以上であることです。

法人が地方競馬の馬主になるための条件とは?

法人が地方競馬の馬主になるには、資本金で300万円以上が条件です。

組合が地方競馬の馬主になるための条件とは?

組合が地方競馬の馬主になるには、定期預金の名義が組合で定期預金の金額が300万円以上あること、なおかつ組合に所属する組合員の年間所得が300万円以上であることが条件となります。

馬主になる魅力とは?

馬主になるということは馬を持つということですが、そもそも馬主になることの魅力とはどんなところにあるのでしょうか。
乗馬が好きな人や競馬を観戦するのが好きな人なら、馬主になることにはたまらない魅力が感じられることでしょう。ある意味では、競走馬に対して将来的に有望だと期待して投資をすることにもつながるのです。

本来は中央競馬の馬主になりたいと希望する人もたくさんいるとは思いますが、条件が厳しいため、地方競馬の馬主になる人もいるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました