競馬の最大の楽しみは馬券が当たること

中央競馬の基礎知識
スポンサーリンク

競馬にはどんな馬券の種類があるのか知りたい!

ボートレース観戦の最大の楽しみが舟券の的中であるのと同じで、競馬観戦の最大の楽しみは購入した馬券が当たることです。
馬券が当たればお金を受け取ることができるし、ギャンブルの楽しみはこれに尽きます。
しかし、テレビで競馬を観戦していて本場の競馬場に行ったことがない人は、どのような馬券の種類があるのか、知らない人も多いものです。

そこで馬券の種類についてわかりやすくご紹介したいと思いますが、馬券の種類は実に多く、なんと10種類もあります。もっともシンプルな馬券には単勝、さらに複勝、応援馬券、馬連、枠連、馬単、ワイド、3連複、3連単、ここまでで9種類あります。
さらに、インターネットによる投票限定のWIN5(ウィンファイブ)と呼ばれるタイプの馬券があります。これですべて10種類ですが、それぞれ実にさまざまな特徴があります。

競馬が初めての人はまずは単勝から

競馬がまったく初めての人、どの馬券を選んで良いかわからない人、予想を立てるのが苦手な人はまずは単勝(たんしょう)と呼ばれるタイプの馬券を購入すると良いでしょう。

単勝とは、1つのレースに出る馬の中で、どの馬が1着になるかを予想する馬券です。

ボートレースでは舟券の種類のひとつとして単勝があり、6隻のうちどのボートが1着になるかを予想します。
競馬の場合は、1回のレースにつき8~16人もの騎手と馬が出るので、ボートレースと比較すると単勝での的中率は少し低くなるものと考えられます。
レースに馬が12頭・騎手が12人出る場合は、的中率は12分の1となります。

馬券の複勝について

単勝は競馬のレースに出る馬の中で1着になるのを予想しますが、複勝ではその名の通り、
複数の馬について予想します。複勝では1着から3着、つまり着順で3位以内の馬を予想することになります。

単勝の場合、出走する馬が2頭以上の場合に発券され、複勝の場合は出走する馬が5頭以上の場合に発券されます。ただし、レースに出る馬が7頭以下の場合、2頭まで的中となり、それぞれの馬には番号が振られているので、どの馬が2着以内、3着以内に入るか予想する時は、馬の番号で指定することになります。
なお、複勝の場合は、2着以内、3着以内であれば、着順は問いません。着順まで充てる馬券には、馬単と呼ばれるタイプのものがあります。

競馬の初心者はいきなり馬単や馬連などの馬券を買うよりは、まずは単勝、または複勝からチャレンジしてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました