地方競馬で調教師や騎手を目指す方法とは

地方競馬の基礎知識
スポンサーリンク

地方競馬の競馬場ではどんな仕事があるの?

地方競馬に魅せられて将来は競馬場で働きたい!と希望する人も増えているようです。
実際に競馬場で働くとなると、どのような仕事があるのでしょうか。
競馬場内では馬券売り場の窓口や売店、飲食店で働くスタッフ、会場設営をするスタッフなどがいます。
でも、競馬場で仕事をするのに馬と接する仕事をしたいと考えているなら、調教師を目指すか、レースに出場する騎手を目指すか、そのどちらかになります。

地方競馬で活躍する騎手になりたい!

地方競馬で活躍する騎手を目指すには、騎手の資格・免許を取得することが前提となります。つまり、現在、地方競馬で活躍するすべての騎手は、騎手としての免許を取得済みだということ。

騎手の免許を取得するには、騎手免許試験を受けて合格を目指すことです。中には、乗馬クラブに入っていた経験がある人や乗馬の試合などに出場した経験を持つ人もいますが、この試験をクリアしなければ騎手にはなれません。騎手の免許を取得してこそ騎手として認められるようになり、地方競馬の数々のレースに出場することができるのです。

地方競馬全国協会の地方競馬の騎手を養成する施設で2年間みっちり基礎知識から応用知識、乗馬の技術などをマスターします。卒業時に試験を受けて合格した人のみが騎手の免許が付与されます。

調教師の仕事について

地方競馬の競馬場で馬と触れあう仕事がしたい、馬の管理をしたい人は、調教師を目指してはいかがでしょうか。
馬の調教師の役割は単に競走馬を調教する仕事や管理を行うだけではなく、厩舎を運営することも重要な任務です。調教師になるには、馬の管理や騎手の教育、厩舎を経営するための専門的な知識や技能をしっかりと身につける必要があります。
なお、調教師の免許を取得するための年齢条件は、28歳以上となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました