地方競馬では売上はどのように使われているの?

地方競馬の基礎知識
スポンサーリンク

収益金の使い道が気になる!

地方競馬は全国各地の競馬状で開催されており、多くの観戦客で賑わいます。しかし、レース観戦に夢中になっていて、地方競馬で得られた収益についてどのように使われているのか、意外と知られていないようです。

競馬の観戦客にとっては、馬券を買うことで予想を的中させてお金を受け取る、つまりギャンブルで儲けるといった認識になっているようですが、馬券に高いお金を払ったからといって必ずしも当たるわけではありません。
当たる回数よりは外れる回数のほうがあきらかに多く、外れるたびに大損をした!と嘆く人もいるようです。

しかし、競馬で使ったお金は主催者に対してお金を回しているわけですから、主催者側にとっては、これが大きな利益となります。もしし、今後競馬で馬券が当たらなかった場合は、損をしたとは思わずに「外れたけれど、その分主催者に対して大きく貢献した。」と考えてみてはいかがでしょうか。

そうすれば、外れてお金を失った悔しさが少しはまぎれるかもしれませんね。

地方競馬の収益金は多彩な目的で有効活用されています

地方競馬の収益金はどのように使われているのか、気になるところではありますが、けっしてムダに使われているわけではなく、有効に活用されています。
馬券の購入、つまり勝馬投票券を買って見事予想が的中した場合は、払戻金を受け取ることができますが、外れた場合はその金額がすべて主催者側の収益となるわけではありません。
厳密に言えば、その中の一部の金額が、主催者側への収益金となります。
競馬レースを開くには、それなりの準備とお金が必要になるわけですから、そのための資金としても有効に使われています。

地方競馬全国協会に交付されるなど、お金の行き先はもうすでに決められており、その差額が主催者側の収益金となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました