競馬が女性に大人気! 女性の騎手も急増中

地方競馬の基礎知識
スポンサーリンク

女性にとっての競馬の魅力とは?

競馬・競輪・競艇と言えば男性に根強い人気の公営競技であり、一言で表現すればギャンブルではありますが、ここ近年は女性の観戦客も増えていますね。
ボートレースの番組を見ていると、女性レーサーにインタビューするシーンがあり、女性ボートレーサーのみ出場するレースも全国各地で華々しく開催されています。

では、競馬についてはどのような感じなのでしょうか。
若いカップルが競馬場で観戦するシーンもよく見かけますが、女性同士で観戦する人もてればひとりで観戦する女性もいるようです。

女性にとっての競馬の魅力は、イケメンの騎手が馬を上手に乗りこなす姿が、まるで白馬に乗った王子様のように見えるのもしれませんね。

しかし、そのような幻想を抱く人は実際には少なく、競馬場の臨場感や緊張感を味わい、日常とはまったくかけ離れた空間が広がり、レースを見ていつか自分もレースに出られるようになりたい!という情熱的な女子が増えているようにも思えます。

地方競馬においてで女性騎手が誕生いたのはいつ?

最近でこそ女性の騎手が少しずつ増えているようですが、実は日本国内で初の女性騎手が誕生したのは今から50年も前、1968年(昭和43年)のことです。当時はまだ競馬を観戦する女性は少なかったにも関わらず、このような時代に速くも女性騎手が誕生していたなんて画期的ですね。

2016年には女性騎手の人数が7人になり、その中でばんえい競馬の女性騎手は1人います。ボートレース業界では、女性レーサーが年々増えている状況ですから、地方競馬でも少しずつ女性騎手が増えそうな勢いですね。

競馬の騎手は10年以上続く人も多く、これまでにもっとも活躍した日本人の女性騎手は通算で350勝もの記録を持つ人もいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました