競馬の基本のキをしっかりマスターしよう

中央競馬の基礎知識
スポンサーリンク

そもそも競馬とは?

テレビですっかりおなじみのギャンブルと言えば、ボートレース(競艇)や競輪、そして競馬があります。そもそも競馬とはいったいどのような競技のことを指しているのか、競馬の基本のキをしっかりと押さえておきたいですね。

競馬という競技は、競走相手となる馬、そしてその馬に乗る人がいてこそ成り立つ競技です。競輪ではレースに参加する選手たちが自転車に乗って競い合うように、競馬では馬に乗る人のことを騎手と言い、騎手が馬に乗って複数の馬との着順を競い合うのです。
なお、競馬は馬を自由に好きな方向に走らせるのではなく、あらかじめ決められたコースを走り、着順を競い合います。

競馬は大きく2種類に分けられている

今日も全国各地のどこかの競馬場で競馬レースが開かれていますが、実は競馬には大きく2つの種類に分類されることをご存知でしょうか。
中央競馬と地方競馬、この2種類が存在していますが、JRA主催の競馬レースのことを中央競馬と言い、JRAとは日本中央競馬会のことを指します。
もうひとつには、地方競馬がありますが、これは都道府県、市町村など地方自治体によって催される競馬です。
ここではおもに中央競馬の基本についてご紹介したいと思います。

本場の競馬を観戦するなら週末は競馬場に行こう!

テレビで競馬を見たり、ラジオで解説を聞くのも良いけれど、やはり生で本観戦したい! そんな人も多いのではないでしょうか。
中央競馬は、毎週土・日曜日に開催されているので、新聞やインターネットで開催情報をリサーチしてはいかがでしょうか。

中央競馬の開催について

中央競馬の開催は1週間のうち、2日間、週末土日に開催されるといった感じですが、開催の単位について1日ですべて完結といったものではなく、8日間の開催がひとつの開催といった単位になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました