新馬戦からオープン戦まで競走馬のランクの特徴の違いを知りたい

中央競馬の基礎知識
スポンサーリンク

新馬戦ってどんなレース?

競馬のレースにはピンからキリまでいろんな種類がありますが、レース経験ゼロの馬はまずは新馬戦からのスタートになります。
中学生や高校生の頃、スポーツの部活に入っていた人なら、誰でも新人戦を経験したことと思いますが、競馬の業界でもそれと同じようなものです。
新馬戦は、これまでに1度も公式的なレースを経験したことがない馬が参加するレースであることから新人戦ならぬ新馬戦と呼ばれています。

未勝利とは?

新馬戦のひとつ上のランクのレースと言えば、未勝利ですね。その名の通り、以前のレースで勝ちを経験していない馬、つまり新馬戦において負けてしまった馬が出訴するのが未勝利です。

賞金別にランク分けされたレースとは?

新馬戦・未勝利とここまで経験したら、これから先はいよいよ賞金別のレースで出走することになります。ここから上のランクには500万下、1000万下、1600万下と3種類続き、金額が少ないものがランクは下になります。

500万下では、賞金が500万円以下の競走馬が出走し、1000万下では500万円以上1000万円以下の競走場が出走、さらに1600万下では1000万円以上の競走馬から1600万円以下の競走馬が対象となります。

競走馬のランクでオープンとは?

競走馬のランクでもっとも高いのはオープンと呼ばれるもので、新馬戦から1600万下まですべて気リアした競走馬が出るレースのことを指しています。

実はG1もオープン一部であり、この他にはGⅡ、GⅢまであります。しかし、新馬戦からオープンまでの道のりは競走馬にとっても、騎手にとっても長い長い道のりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました